お礼のお声を続々と…(雑感も含め…)

2024-01-15

本年はじめての投稿です。

ご覧頂きましてありがとうございます。

年始業務が始まってから、昨年手続きした分の、年金証書到着のご連絡を続々と頂戴しており、こちらも励まされる気持ちでおります。

「10年以上の間、前に進めずに止まっていた手続きをおかげさまで進めることが出来ました。」「証書が届きました。ご尽力に感謝します。肩の荷がおりました。」「スムーズに進めて下さりありがとうございました」等々…。
色々お礼のお言葉頂戴し、ありがたいかぎりですが、結局のところ、ご依頼者のご協力のおかげさまであります。

集まった資料だけでは、なかなか進められない…という案件もあるのもまた、現実。
あくまでも手続きを代行する身であるがゆえ、本来もらえないはずの人をもらえるようにしますなどとは言えない訳で(それができたら、大問題…)、本来もらえるはずの方なのに、なんらかのご事情でもらえないことになってしまっている方のお手伝いをさせて頂いているといった立ち位置です。(文章にすると、ちょっとややこしいかもしれませんが、ここは大事なニュアンスです)
壁となっている「なんらかの事情」の部分を私(社労士)に分かりやすくご説明くださるとこちらもとても仕事がしやすく、こういう方針でいこう…とか、〇〇に行けば、客観的に証明できる書類が取得できるだろうということが、早い段階で思いつくので、結果的にスムーズに業務が進められて、ご依頼者さんにもプラスになります。

過去には、ご依頼者へのヒアリングが甘くて、遠回りをしてしまったり、要件を満たせない方に期待を持たせるような説明をしてしまった失敗もあります。色々と経験を積んで、ご依頼者にご負担をおかけしない程度のやり取りで、ポイントを押さえることが出来るようになってきていると思ったりもするものの、やはり、お互いのコミュニケーション、ご依頼者のご協力があってこその業務だなと思います。

…という訳で、

・なんらかの事情で年金を受給するのが難しい(今まで、ご夫婦事情、家庭事情等々、色々と複雑なケースをお聞きしてきておりますので、「ちょっとこんな話するのも…」などとご心配されずにご相談下さい)

・何年も手続きしないでそのままで、もういいかなとも思ったけど、やっぱり気になる…(→時効の5年過ぎても手続きは可能です。5年超えた分の金額は受け取れませんが…)

・とりあえず、ダメ元でも相談したい

などに当てはまる方は、とりあえず、お問合せフォームからご連絡頂ければと思います。
(お電話の場合は、自動音声での応対になりますので、ご指定のお電話番号に後日、お電話させて頂く形となります)

どうぞ、よろしくお願いいたします。

社会保険労務士 藤野 由美子